WORLD NEWS

アメリカ

バーノン・テレフォン・コオペラティブと連携によるギガビットFTTxブロードバンドネットワークを展開

-ホームネットワーキングのリーダーに選定され、米国の過疎地でギカビットスピードを実現-

アライドテレシスはバーノン・テレフォン・コオペラティブ(VTC)と連携してギガビットネットワークの展開を進めていることを発表いたします。VTC は米国ウィスコンシン州ウエスビーに本社を置き、NTCA(ルーラルブロードバンド協会)が主催するスマート・ルーラル・コミュニティ・ショーケース賞やウィスコンシン州テレコミュニケーション協会(WSTA) が主催するギガビット・コミュニティ賞を受賞しています。

「VTCはアライドテレシスのギガビットソリューションだけを展開しています。」と述べるのはVTCのCEOであるロッド・オルソン氏。「過去15年間にわたって、イーサネットxDSLからアクティブなギガビットFiber-to-the-Home(FTTH)までをアライドテレシスと共に展開してきました。今後も、顧客に価値に応じたサービスを提供するための革新的な構想と技術を持ちあわせたアライドテレシスを採用していきたいと思います。」

米国アライドテレシスのシニアバイスプレジデント、グローバルプログラムマネジメント担当のフィリップ・イムは次のように述べています。「VTCはIPトリプルプレイサービスを実施し、アクティブなFTTxソリューションを展開する産業界の先駆者です。ロッド氏と彼のチームは、地方自治体が経済的に繁栄ができるように新しいソリューションを提供しています。またその高い先見性で、アライドテレシスのアクティブなFTTHソリューションを採用頂いています。今日では、VTCのネットワークは最速で効率性の最も高いネットワークの一つとなり、お客様が満足できるギガビットサービスを提供しています。通信事業者にとって、とてもエキサイティングな時を迎えています。家庭で超高速インターネットアクセスを楽しめる4KTVの時代がきました。 VTCは、家庭でストレスなく複数の機器を利用できる魅力的な、集中管理型マルチメディアホームサービスを提供する優れた通信プロバイダーです。」

バーノン・テレフォン・コオペラティブ
Vernon Telephone Cooperative (VTC) は1950年に設立されました。VTCはREAの融資により、地方の営利会社が経済的に実行が不可能と判断したバーノン・カウンティ―の過疎地で、通信ネットワークを構築、提供することを目的とした企業です。電話サービスが提供されていない新規地区の開拓や小域地区で都市と同様、またはそれ以上のサービスを提供できるように努めています。

以上