WORLD NEWS

アメリカ

2014ワールドカップ・ブラジル大会開催スタジアム、アレーナ・パンタナーレのICTインフラにアライドテレシスのソリューションが採用

アライドテレシスホールディングス株式会社(本社 東京都品川区、代表取締役会長兼CEO 大嶋 章禎)の米国子会社であるAllied Telesis Inc. (本社:カリフォルニア州)が提供するソリューションが、パナソニック ブラジル社とのパートナーシップのもと、2014ワールドカップ・ブラジル大会が開催されるマトグロッソ州クイアバのスタジアム「アレーナ・パンタナーレ」のICTインフラに採用されました。

43,000人の収容人数を誇るアレーナ・パンタナーレでは、本年6月から開催されるワールドカップ・ブラジル大会の期間中多くの試合が予定されています。ワールドカップ終了後もさまざまなイベントにフレクシブルに対応できる設計が施され、“‘O Verdão’ (The Big Green)”の愛称で呼ばれる環境配慮型のスタジアムです。

スタジアムのICTシステムは、大型映像スクリーンやIP監視カメラシステム、IP電話・インターネット接続、デジタル・サイネージ、RFID入退場管理システム、および関連する音響システムなどから構成され、システム全体を一括受注したパナソニック ブラジル社のもと、アライドテレシスとのパートナーシップにより構築されました。当プロジェクトが2013年に開始された当初はIP監視カメラシステムとIP電話・インターネット接続環境の構築がプロジェクトの主要課題でしたが、大量のマルチメディアトラフィックを効率的に処理するアライドテレシスの高品質なソリューションと実績が評価され、両社のパートナーシップはシステム全体へと拡大しました。

ワールドカップのように国際的なイベントが開催されるスタジアムのICTシステムには、どの試合においてもダウンタイムが許されない高い可用性が求められます。そのため、アライドテレシスとパナソニック ブラジル社は、ソリューションの設計と構築に多くのリソースを注ぎプロジェクトに取り組みました。プロジェクトの結果、スタジアムの両側にはサーバー室が設置され、トラフィックのピーク時には負荷分散が可能なネットワークインフラが構築され、スタジアム全体で20を超えるオペレーションルームからすべての操作が可能です。また、システムの導入後も両社のパートナーシップのもと、スタジアムのスタッフが日々の運用管理を行うための技術支援やサポートサービスが提供されています。

《アライドテレシスのコメント》
アライドテレシスのヨーロッパ、中南米担当ジェネラルマネージャーFrancesco Stramezziは、「ワールドカップが開催されるスタジアムのエキサイティングで重要なプロジェクトに貢献できたことは、柔軟で高信頼、且つ環境配慮型の当社のソリューションを世界に紹介するよい機会になるでしょう。この分野で世界的なトップ企業にパートナーとして協力する機会を得られたのは、当社の効率的で高信頼な製品・ソリューションが評価されたからに他なりません」と述べています。

《パナソニック ブラジル社のコメント》
パナソニック ブラジル社 社長 品田正弘氏は、「当社とアライドテレシスはこの分野で共通の経験に基づくパートナーシップを築いています。当社の監視・音声ソリューションで最も重要な、大量のマルチメディア通信を高品質に処理する高機能なソリューションは、アライドテレシスのテクノロジーで実現しています」と述べています。

【パナソニック ブラジル社について】
パナソニック ブラジル社は、ブラジル国内に3つの工場を所有し、テレビや家庭用品、カメラ、バッテリーを製造販売しています。また、監視カメラやセキュリティーシステム、放送機器類から家庭用品などの輸入電子機器類の販売も行っています。よりよい生活と世界をお客様に提供するためパナソニックはクオリティ・オブ・ライフ(生活の質)を促進する製品やサービスを常に追及しています。また、低エネルギー消費、低CO2排出など環境に配慮する公約を掲げています。
パナソニック ブラジル社に関する詳細は以下をご覧ください。
URL:www.panasonic.com.br
Facebook:http://www.facebook.com/panasonic.br http://www.facebook.com.br/lumix.panasonic.br
Youtube:http://www.youtube.com/panasonicbrasil

以上